メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUS リンク Blog1   検索
2016 081234567891011121314151617181920212223242526272829302016 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機上から夜景 2009-09-20 Sun
函館上空
No.3314

飛行機の窓から、たぶん函館上空です。
という説明は、 → こちらに。


 














クリックありがと
スポンサーサイト

矢臼別 2008-11-03 Mon

再テスト 2008-07-21 Mon
動画テスト

携帯から更新 2008-07-20 Sun
20080720193435
北の彷徨。
目前にして携帯からの更新の練習です。
ちなみに、画像は東日本フェリーのHPから。乗船予定の高速フェリー。

青函フェリー 2008-06-11 Wed
青森フェリーターミナル

北海道に渡るコースとして、これまでに
利用したものは下記のとおりかな。(順不同)
(列車)
 上野発の夜行列車、
(飛行機)
 羽田空港~旭川空港、
 福島空港~千歳空港、
 仙台空港~千歳空港、
(フェリー)
 青森港~函館港、
 八戸港~苫小牧港、
 八戸港~室蘭港、
 仙台港~苫小牧港、
 大洗港~苫小牧港

写真は、2007/08/05 夕方、
青森のフェリーターミナルです。この港からだと、
東日本」の船にしか乗ったことなかったけど、
ほかに「青函」と「道南」が就航しています。
(かつてはトラック専用だったのかも?)
で、
2007年は、「青函フェリー」で渡ってみました。
小さめの船で、料金が安く、所要時間は同じです。

あ、2008年は、
「東日本」社の高速フェリーを予約しました。
いわば、→ かたきうち(^^;

 














クリックありがと

ト リ 2008-06-06 Fri
「北海道女性史研究」誌の目次から

表題「トリ」は、うちの養鶏とは関係なくて・・・(^^;

写真は、
先に紹介した「北海道女性史研究」誌の目次です。
T先生のあとがきの前、つまりトリを飾っているのが、
誰あろう、この私!?
北海道フリークもここまで深入りすれば一流でしょ。
って、じつは・・・
威張れない種明かしがあるんだけど。(それは別稿で)

 












クリックありがと

米自慢 2008-06-05 Thu
「北海道女性史研究」特別号
北海道女性史研究」という雑誌の特別号です。
同誌は、
主宰してきたT先生の高齢と病気のため、
いったん2004年に幕を下ろしたそうです。

ガンを患って、一時は、物が食べられず、
点滴治療にまで病状が悪化しました。
ところが、
たまたま縁あって届いた すずき産地の米。
そのおもゆなら口にすることができたとか。
とは又聞きですが、
それ以来、ずっと米を購入いただいています。
また、毎回同封している「たまご新聞」には
励ましの手紙もいただいたりしています。

そうして数年、今回の特集号の発行です。
T先生が病気に打ち克った証しとも思います。
なにがしか、うちの米もお役に立てたとすれば、
それこそ百姓冥利につきるというものです。

 関連記事 → こちら
 さらに、つづき → こちら

 





























クリックありがと

航行万里 2008-05-12 Mon
矢臼別の浦さん
広角レンズで隅っこに入っちゃったんだけど(^^;
画面の左端でテレているのは浦舟三郎さん。
北洋航路の大型貨物船の元船長さんです。
いまは、
軍事演習場のど真ん中から平和週報を発信中。
(あえて「週間」としているそうです)

矢臼別平和盆踊りに参加した後、
そのまま泊めていただきました。

4年前に勝手に話題にした迫力写真を、今回
ムリを言って並べてもらいました。(感激)
この組写真のタイトルが「航行万里」。

 














クリックありがと

定刻主義者 2007-12-01 Sat
矢臼別平和盆踊りのやぐらの上でトランペットを吹くまっぴらさん
写真は、「矢臼別平和盆踊り」の会場です。
やぐらの上でトランペットを吹いているのが、
自称「帝国主義者」・・・じゃなくて「定刻主義者」
・・・って、ナンノコッチャ? じつは
きょうの新聞で、こんな記事を見つけたもので。

そうそう、矢臼別では、
かのアレン・ネルソン氏を紹介してくれて、
こちらの写真を撮ってくれたのが、上記の
トランペッターまっぴらさんこと松平晃さんでした。
 














クリックありがと

当たり!(私信) 2007-11-11 Sun
大沼公園のパンフレット
表題のとおり私信です。ふふん、
やはり天は見たもうてらっしゃる。
覚えてるかい > 同行者たち殿、
大沼公園でのアンケート(写真審査)。
「抽選で当たりました」って景品が届いたよ。
それが写真、大判の観光パンフレットです。
じつは、「上空から」は、
このパンフの表紙を複写したものでした。

 









クリックありがと

宇宙空間? 2007-11-11 Sun

余市町にある道の駅「スペース・アップルよいち」
余市町にある道の駅「スペース・アップルよいち」
同行者たちの性根の曲がりが写った?
わけではなく、修正画像でもありません。
道の駅「スペース・アップルよいち」の、
とある体験コーナーで撮ったひとこまです。

たまたまか、ついでにか
こちらの記事の添えてみました。

 









クリックありがと

赤レンガ倉庫 2007-10-22 Mon
函館赤レンガ倉庫
No.2686も同じく、函館の赤レンガ倉庫です。
つい、こんなクサい写真が撮れてしまうという意味で、
自分にこそ「似合わない街」と謙遜しておきます。

フェリーから下船して地図も見ないで走ってて、
いつのまにか迷い込んでしまったんだけど、
じつは2年連続。こんどは地理を覚えました。

 









クリックありがと

大地の恵み 2007-10-21 Sun
六花亭のお菓子
一目でわかっちゃう人もいると思うけど、
いちおう説明すると、あの六花亭のお菓子です。
こんなにたくさん、十勝のほうから届きました。
ごちそうさまです。(なれそめは別の機会にでも)
というわけで、
いま百姓を手伝いに来れば、これがお茶菓子です。

 









クリックありがと

似合わない街 2007-10-14 Sun
2年連続だもんなぁ
カーナビなしで、夜の道を走ってたら、
たどり着いたのは、昨年も来た街角でした。
さて、
この写真で特定できれば大したものですが。
( → こちら)

 





クリックありがと

山頂から 2007-10-06 Sat
函館山から定番夜景
このさいなので定番も。
言わずと知れた、
函館山からの夜景です。
今年も登ったけど、写真は昨年のもの。

 



クリックありがと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。